MENU

llano USB-C & A 窒化ガリウム PD100W 急速充電器 レビュー

先日超おすすめのUSB Type-C ケーブルを紹介しましたが

その時に100W対応の充電器も欲しかったので、令和最新版の海こと我らがAmazonからよさそうな充電器を探してみました。

それがこちら!「llano 窒化ガリウム USB急速充電器」

今回はこちらのレビューと参りましょう!

KAZU

中々良い充電器ですよ!

目次

llano 窒化ガリウム USB急速充電器 レビュー

そこそもllanoってどこのメーカー?

ネットで調べてみましたがllanoという会社は出てきませんでしたが、パッケージ裏を見ると日本では海雲山株式会社という会社が輸入代理店を務めていることが分かります。

メーカーホームページを見たところ代表者の方が陳さんだったのとユニークな商品ラインナップであったため、中国系スタートアップ企業製品の輸入代理店であることは確定ですね。

輸入代理店としてはきっちりと機能しており、ちゃんと今回の製品もPSE(電気用品安全法)を取得してあったりと日本でも安心なプロダクトとなっております(てかPSE付いてない製品日本で使っちゃダメですからね)

外観チェック

箱から出してみました。シンプルな梱包で昨今の環境的には好感が持てます。

今回の充電器はPD 100Wの出力があるのはもちろんですが、USB Type-Cが3ポート、USB Type-Aが1ポートと今後のUSB Type-Cの主流化にも乗っていける、USB-C多めの充電器となっているところがポイント。

ノートパソコンやiPad、カメラなど手持ちの機器をどんどんUSB-C化している自分的に、USB-Cポートがたくさんある充電器というのは今回外せない条件でした。

折り畳み式のコンセントプラグが採用されています。

折りたためるとコンパクトになり収納効率UPや一緒に収納する製品の傷防止になるので、ここも譲れないポイントです。

大きさ&重量チェック

大きさ

手に乗せるてこのサイズ。非常にコンパクト。

横75mm×縦59mm×厚み30mmの手のひらサイズです。

重量

重量は195g

今使っているパソコン「ASUS ROG Flow X13」に付属しているUSB-C充電器はPD100Wでこそあるもの396gのおデブなので、USBポート4個分ついてこの重量は機材の軽量化にバッチリ貢献してくれますぞ!

USB出力について

先ほどのプラグの画像の横に印刷でUSBの出力が書かれています。

でもAmazonの説明画像のほうが分かりやすいので下の画像を参照してください。

USB出力一覧
  • USB-C C1:100W PD
  • USB-C C2:100W PD
  • USB-C C3:20W PD
  • USB-A A1:22.5W QC

USB-C1とC2は100Wの出力に対応しており、最新のUSB-C充電式ノートパソコンやMac Bookといった機器を充電することができます。iPhone11なら空の状態から50%まで約30分でチャージできるとのこと。

USB-C3は20W出力なのでこちらではiPad Air(Pro)などが充電可能です。

USB-A1は22.5WでQC(クイックチャージ)規格に対応しています。クイックチャージはクアルコムが開発したスマートフォン、タブレットの高速充電規格で、スマホを一般的なUSB比で4倍速で充電可能です。

KAZU

抜かりねぇ~!

接続ポートの出力目安

1ポートのみ使用する場合、充電出力は100%発揮できますが、組み合わせると出力は分散されます。一覧はこの通り。

1ポート使用時出力
C1100W PD (5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/5A)
C2100W PD (5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/5A)
C320W PD (5V/3A, 9V/2.22A, 12V/1.5A)
A122.5W QC/SCP (4.5V/5A, 5V/4.5A, 9V/2A, 12V/1.5A)

1ポート使う場合は接続ポートそれぞれのフルパワーを発揮します。

2ポート使用時出力
C1+C260W PD + 45W PD
C1+C360W PD + 18W PD
C1+A145W PD + 18W/20W/22.55W
C2+C345W PD + 20W PD
C2+A145W PD + 18W/20W/22.55W
C3+A17.5W + 7.5W

2ポート使う場合は出力がそれぞれ案分されます。

この状態でも60W + 45Wが最大で確保できるのでノートパソコンとタブレットの同時充電なども可能ですね。

3ポート使用時出力
C1+C2+C360W PD + 30W PD + 18W PD
C1+C2+A160W PD + 30W PD + 18W
C1+C3+A160W PD + 15W
C2+C3+A145W PD + 15W

3ポート使ってもこの出力です。

この状態でも最大で60Wの出力を確保できるので、ノートパソコンとタブレットに加えてスマホまで充電できちゃいますね。

Type-AのUSBポートを使うと全体の出力が弱くなるようで、実質二つ目のType-Cポートは機能しないということですね。

試してみたら2つ目のType-Cポートから給電こそできるものの充電は進みませんでした。

4ポート使用時出力
C1+C2+C3+A160W PD + 30W PD + 15W

4ポート使用時はこのとおり。この時C3とA1の最大出力が20Wとなるようです。

トータル出力は100Wとなっています。

とても使える充電器です!

1個でなんでも充電できる便利でコンパクトな素晴らしい充電器です。

やっぱりすごいよ中国プロダクト!

こちらのUSBケーブルと一緒に使えば最強のモバイル充電器です!(これも安い)紹介記事あり!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる