MENU

FUJIFILM XF27mm F2.8 R WR レビュー 防塵防滴のパンケーキレンズ

富士フイルムの広角単焦点レンズ XF27mm F2.8 R WRのレビューです。

2013年に発売されたXF27mmF2.8Rというパンケーキレンズがリニューアルされ、その薄さはそのままに絞りリングと防塵防滴性能が付与されました。

その薄さはカメラに付けてもほとんど邪魔にならず、換算40mmの画角はストリートスナップにピッタリ!

今回はカメラレンタルのサブスクリプションサービス「GooPass」さんよりレンタルしてみました。

重量測定や使用感を作例などを交えてご紹介しますよ。

KAZU

小型単焦点好きとしてはパンケーキというだけで好ポイント!

目次

レンズ XF27mm F2.8 R WR レビュー

レンズスペックチェック

項目スペック
焦点距離27mm(35m換算 40.5mm)
F値F2.8~F16
最短撮影距離34cm
最大撮影倍率0.1倍
画角55.5°
最大径×長さ62×23 mm
構成レンズ枚数5群7枚
絞り羽枚数7枚
フィルター径39mm
重量84g(カタログ値)
鏡筒材質金属
防塵防滴有り
付属品前後キャップ、レンズフード、ラッピングクロス
余談:型式について

レンズ型式についてですが、XFがシリーズ名、27mmが焦点距離、F2.8が解放F値、Rが絞りリング有、WRが防塵防滴ということを示しています。

KAZU

Xマウント最薄、最軽量のレンズです!

外観チェック

保護フィルター+レンズフード

APS-Cのレンズながら片手にすっぽりと収まる薄さと軽さは特筆すべきものがありますね。

レンズを購入するとフジツボタイプのレンズフードが付属するのも嬉しいポイント。

今回はレンズをカメラのサブスクリプションサービス「GooPass」さんでお借りしたので、あらかじめ39mm径のレンズフィルターが付属していましたが、フジツボフードは前玉保護の効果が高いので普通は付けなくても十分かと思います。

保護フィルターなしでフードのみを付けた例
KAZU

フジツボフードは間にフィルターを挟まない方がかっこいいです

パンケーキ+フジツボフードも相まってレンズ自体の高さは27mm程度と非常に薄いので、室内やスナップでカメラを目立たせたくない場合や、X-PROシリーズのOVFファインダーでケラレが発生しないように使うのにもよいかと思います。

絞りリングは1/3刻みでF16まで設定できます。

レンズによって絞りリングの硬さに統一感がないのが欠点のXマウント単焦点シリーズですが(笑)、本レンズはWR化された効果もあってか適度な硬さがあります。リングの動作もカチカチと小気味良いので操作していて気持ちいいですね。

レンズ端にあるこのポッチは絞りリングのロックボタンです。

絞りリングをAに設定した後に動かす際はこのボタンを押さないと回りません。

パンケーキレンズをカメラに取り付ける際、レンズをつかむ場所がなくて絞りリングやMFリングが回ってしまうことがありますが、ロックボタンがあると安心して回すことができますね。

フジツボレンズフードにピッタリ合うレンズキャップが付属します。

マイクロフォーサーズのレンズであればこの大きさでも指で爪が開け閉めできるタイプのキャップが付属しますが、XF27mmF2.8には軟質樹脂のまさにキャップが付属します。

キャップはしっかりとグリップ感がありますので不意の脱落等の心配はなさそうですが、キャップ類も質感高く作り込んでくれても良かったなぁというのは正直な感想(笑)

KAZU

まぁ普段レンズキャップしないし気にしなくていいか

前玉は小さめです。

F2,8という控えめな明るさもありますが、換算40mm前後の画角を持つレンズの前玉はどのフォーマットでも小さいので、そういう設計がやりやすいんでしょうね。

重量チェック

色んな状態で重量を測ってみました。実測値なのでどこよりも正確です!

撮影状態(フード有り)

レンズ本体にレンズ保護フィルターとレンズフードを付け、リアキャップを外した撮影可能状態の重量を測ります。

96gでした。

Xマウント単焦点で次点に軽いレンズがXF18mmF2R(本体+フィルター+フード)で145gなので相当軽いですね。

レンズ本体のみ

84gでした。

カタログ重量が84gとなっていますので、この状態の値を示していることが分かります。

さらに薄く、軽量に運用したい方はこの状態で使ってもよいですね。パンケーキのフード無しはカッコいいですし。

レンズフード

5gでした。

軽いです!小さいので当たり前?

逆算するとレンズフィルターが7gなのでフィルターのほうが重い計算になりますね。

X-T4と組み合わせてみました

愛用のX-T4に取り付けてみました。

やっぱりパンケーキは正義!

X-T4に付けるとちょっとレンズの主張がなさすぎるようにも感じますが、レンズの飛び出しが小さいので持ち運びもしやすいです。

以前マイクロフォーサーズのLUMIX G99を使っていましたが、同じようなパンケーキレンズのG20mmF1.7を装着した状態でコンパクトにカメラを持ち運び、出先でズームレンズと交換しながら運用することが多かったです。

このレンズもそういう運用に向いていますね。

レンズキャップ代わりに使い勝手の良いパンケーキレンズがあるのはとてもありがたいです。

上から見るとグリップの小さいX-T4でもレンズの飛び出しは最小限に収まっていることが分かります。

X-S10ならグリップの突き出し高さとレンズの高さが同じくらいになるのでバッグに入れるさいも全く邪魔にならないですね。

小さいパンケーキは正面から見た時の見た目が良いのもポイント。

前玉の小さいレンズは被写体への威圧感も小さいのでお気軽なスナップや子供撮りなどでも使いやすいと思います。

持って見た雰囲気はこんな感じです。

X100Vのパンケーキレンズのようで非常に軽快に取りまわすことができます。

重量も小さく飛び出しが小さいので、まるでレンズを付けていないような軽さで持つことができますね。

撮影重量チェック

レンズフード+保護フィルター+レンズ本体+X-T4(バッテリー+カード1枚)+ピークデザインアンカーを合わせた総重量は709gでした。

X-T4が613gでレンズが96gですね。スナップなどに軽々持ち出せるサイズ感です。

この状態でイージーラッパーという便利なカメララップに簡単に包めますので、通勤リュックにカメラを忍ばせていつでも撮影が楽しめる点は素晴らしいです。

次ページで撮影レビュー

ロードバイクに乗って使用したり、街中スナップで使用したりしてみましたので、次ページより作例をたっぷり混ぜてレビューしていきます。

1 2
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる