MENU

FUJIFILM X100Vを購入!一緒に買っておくべきアイテム5選!

FUHIFILMのX100Vを買いました。

X100Vを買って最初に悩むのはオプションアイテムの購入…

そう、X100シリーズは純正、社外問わず様々なブランドからグッズが出ていてめっちゃくちゃ迷ってしまうのです。

KAZU

これがフジの病か…(違う)

ただしカメラそのものが高いのでいきなり高額なアイテムを導入しまくるのもツライところです。

そこで今回はX100Vを買った時に同時購入しておきたい(そんなに高くない)アイテムを厳選5つピックアップしましたのでぜひ参考にしてください!

目次

SDカード

まずはコレですよね。

他のカメラで使っているものを流用できる人は必要ありませんが、通販の並行輸入品なら安いので買っておいて損のないアイテムです

SDXC UHS-I 規格の64GB~128GBがおすすめ

X100VはSDXC UHS-I規格までのカードに対応していますので、高価なUHS-II規格のカードは必要ありません。

カードはSanDiskのものが値段と品質のバランスが取れていておススメです。

KAZU

スチルメインの方なら容量は64GBがおすすめ

X100Vは約2610万画素の高画素機で6240×4160ピクセルの画質Lで一枚10MB程度の容量がありますので、数日の旅行などで撮影を楽しむ場合は64GBのカードが安心です。

動画やRAWを扱う場合は128GBを買いましょう!

動画はいわずもがなフジのRAWデータは非圧縮で60MB程度と非常に重いので、撮影後の編集やフィルムシミュレーションの変更を楽しみたい方は128GBのSDカードがおススメです。

保護(プロテクト)フィルター

レンズ固定式カメラだからこそレンズ前玉の保護はしっかりとしておくべきです。

KAZU

レンズ固定式はレンズに傷がついたら修理するしかありませんからね

そういうワケで保護フィルターは一番最初に買って置くべきアイテムです。

おすすめフィルターをいくつかピックアップしてみました。

FUJIFILM 純正プロテクトフィルター PRF-49

安心の純正保護フィルターです。

KAZU

防塵防滴に加えブラック、シルバーの2色から選べます

純正プロテクトフィルターがおすすめの理由
  • 別売りのアダプターリングを合わせることでメーカー公認の防塵防滴システムが構築可能
  • ボディカラーに合わせてブラックとシルバーが選べる

おすすめの大きな理由はメーカー公認の防塵防滴システムが組めることですね。

他社にもっと安いフィルターはありますが、その場合はメーカー保証付きの防塵防滴とはなりません。

NiSi UHD UVフィルター FUJIFILM X100用

中国のフィルターメーカーNiSiからX100シリーズにピッタリ合う保護フィルターが発売されています。

僕も買いました

このフィルターの優れているところはフィルター枠がX100シリーズ専用設計となっていて美観を損なわないところです。

nisiのサイトより

さらにX100Vであれば純正のレンズキャップがそのまま使用できる点が何よりもグッド。

KAZU

やっぱりあのレンズキャップをぬーっと引き抜くのがいいんですよね!

色も黒とシルバーから選べて抜かりなし。

液晶保護フィルム

保護フィルムもタッチパネルモデルや非バリアングル液晶(液晶面を隠せない)のカメラには導入しておきたいアイテムです。

保護フィルムはガラスタイプがおすすめ

タッチパネルのレスポンス、濁りのないクリアな見た目から強化ガラスフィルムがおすすめです。

僕はAmazonで売っていた厚み0.2mmの少し良いものを買いました(と言っても販売価格1200円)。

硬度9Hに透過率98%と性能十分。貼り付けに必要なグッズも一通り入っているのでこちらのフィルムはイチオシです。

カメラストラップ

純正ストラップは勿体なくて使わない派なので、毎回ストラップも買っています。

KAZU

これぞカメラ趣味の醍醐味ストラップ沼(笑)

オススメのストラップをピックアップ!

クライミングロープタイプのストラップ

X100Vでひそかに人気のクライミングロープストラップ。

クライミングロープストラップは高額なものだと1万円ほどするシルク製だったりしますが、ネットでは非常に安価なものも売られています。

こちらのINPON製のストラップは長さもカラーも選べてお値段2000円以下

イチオシのカメラストラップで僕もX100Vに取り付けて愛用中!

KAZU

長さや使い勝手を確認するために安いものから始めるのが安心です

ストラップ長について

こちらのストラップは長さが81cm、105cm、120cmから選べます。

ロープストラップは長さの微調整ができないので自分に合うものを選びましょう。大体の使用感は以下の通り。

  • 81cm:小柄な方や、斜めがけしない方、カメラが動いてほしくない方向け
  • 105cm:斜めがけメインの方、ノーファインダーやチルトでも操作しやすく最も使いやすい
  • 120cm:ロープを縛って全長が調整できるので微調整を行いたい方向け
KAZU

僕はX100Vブラックにに105mmのグレーを合わせています

ロープ太さも8mmとX100Vにぴったりの太さです。

定番のピークデザイン

アンカーリンクスというアタッチメントでストラップを簡単に脱着できる我らがピークデザインから発売されている「リーシュ」というモデルがX100Vにピッタリ。

リーシュはピークデザインのアンカー機構を採用して簡単に脱着が可能な上、ストラップ長の調整も簡単、さらにストラップの太さが小型ミラーレスからX100Vのような大き目のレンズ一体型カメラにピッタリ合うので、レンズ交換式カメラとストラップを共用したい方にもおすすめです。

充電器+予備バッテリー

あると安心なバッテリー充電器

X100Vには充電器がついてこず、基本的には本体にUSBを差して充電する方式となっていますが、カメラを使わない時は防湿庫にしまったり、単体で飾っておきたい方ならバッテリー充電器を持っておきたいところです。

しかし純正充電器は地味に高い…

そこでオススメなのはユーザーも多い中華充電器です。

オススメなのはこちらのSIXOCTAVEのバッテリーチャージャーです。

便利な点は2個同時充電が可能なところ。

KAZU

純正品より便利…

サクサクスナップを楽しむカメラはバッテリーライフが気になるところですが、同時2個充電が可能であればとても安心です。

レビュー記事も書いてますので良かったら読んでください。

バッテリーはやっぱり安心な純正品

充電器は純正も互換品も大して仕組みが変わらないので問題ないですが、バッテリーはなにか起きると危険なので純正品がおススメです。

KAZU

このバッテリーは採用歴が長いのでフジユーザーならいっぱい持っている人がいるとか(笑)

高価なカメラですからバッテリーくらいは良いものを奢ってあげてもいいかも!

互換バッテリーならロワジャパン

価格の安い互換バッテリーならロワジャパンの製品が安心です。

純正バッテリーの1/4の値段で2個購入できるのは大変魅力です

僕のX100Vでは互換バッテリーを使用していないため、互換バッテリー使用時にエラーメッセージなどがでるかどうかは未確認ですが、FUJIのカメラでそういうエラーの話はあまり聞かないので大丈夫かと思います。

KAZU

バッテリー1個だとテンポの良い撮影は難しいので、1個2個予備があると安心なのは間違いないです!

素敵なカメラライフを

カッコいいX100Vは持ち出してナンボ!

楽しく道具を揃えて楽しいフォトライフを送りましょう~!!

買いたいけれどもX100Vは高価すぎる…というあなたへ

購入前にサブスクリプションでレンタルがおすすめ

X100V、結構高いですよね?僕も買う前は「このカメラ高すぎだろ」とか「買って失敗したらどうしよう…」とか思ってました。

そう思われる方におすすめなのが、カメラ機材のサブスクサービス「GooPass」です!

GooPassでは月額定額でカメラ機材が入れ替え放題、試し放題。

高価な機材を買う前に思う存分使用感を試すことができます!

今回紹介しているこちらの製品はRank3(月額税込15,180円)で使い放題です!

KAZU

発送も早く梱包も丁寧、お小遣いで高額機材をたっぷり試せます!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる